脂肪肝の症状ってどのようなものがあるのかというと、実は、脂肪肝には自覚症状がほとんどありません。 ですので、脂肪肝になっていても、気づかない人が多いんです。 脂肪肝に気付かず、そのまま放っておくと、脂肪肝は悪化していきます。 脂肪肝が悪化すると、肝炎や肝硬変、肝臓がんになってしまうこともあります。 脂肪肝が悪化し、症状が現れて、やっと気づくという人も少なくありません。 脂肪肝が悪化した時の症状には、嘔吐、食欲不振、倦怠感などがあります。 なぜ脂肪肝になるのかというと、糖分や脂質、アルコールの過剰摂取、糖尿病、肥満などが原因です。 もし、これらの原因に一つでも心当たりがあるという人は、一度病院で診てもらうことをオススメします。 早期発見すれば、脂肪肝の悪化を止めることもできます。 脂肪肝は悪化してしまうと、本当に大変です。 脂肪肝を早期発見するためにも、定期的に健康診断を受けるように心がけましょう。 そして、食事を見直し、適度な運動を取り入れるようにしてください。